SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なごみだより

どうぞ和んでいってください
<< 冬期休暇のお知らせ | main | ATMのボックスからなかなか人が出て来ないのは・・・ >>
明けまして、おめでとうございます
0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     今年は6日(土)から営業スタートです。

    昨年はより福祉分野へなごみが役立てるように「ながくてロコモサロン」を始めましたが、

    今年はさらに進化させる予定です。

    (名古屋市民の方はすみません、長久手在住の65歳以上の高齢者向け企画です)

     

     今年の気になるキーワードは・・・AIでもなく、EVでもなく、

     

    トンチン年金・・・です。

     

     トンチンカンな年金というわけではないのですが、

    今までの保険会社の考えからするとトンチンカンなしくみです。

     

     イタリアの銀行家トンティーさんが考え出したものらしいので、

    トンチン年金という名称がつきました。ウソのような本当のはなし。

     

     なごみのたかぎのように、個人事業主ですと、いくら過去に共済年金や

    厚生年金に入った時期があっても所詮一階建ての国民年金期間が一番多いです。

     

     する年金支給額は、5〜6万円程度となります。

    受取スタート時期は後ろにずらされ、受取額も減らされる。

     

     国は絶対に言いますよ「我が国の年金制度は破たんしません!」と。

    言い替えるなら・・・「年金制度が破たんしないように皆さん年金の減額や、

    受給時期の変更に協力してください!」とも聞こえる。

     

     すると健康長寿家系のたかぎ家では、うっかり100歳越えなんてことも想定されるのです。

    蓄えと年金だけで80代のうちにお迎えが来ればいいのだが、医療技術は向上し、

    長く生かされる社会になりかねません。

     

     そこでみんなでお金を出し合って、長生きした人に分配するのがトンチン年金。

    日本でも始まっていますが、まだ知る人ぞ知る程度の情報。

     

     私も入りたいと思いましたが、50歳からしか入れないそうです。

    病気がある人大歓迎・・・なぜなら長生きしない人の方が保険会社はうれしいのです。

     

    長くなるので、また今度・・・流行る気配プンプンします、トンチン年金。

    | - | 21:30 | - | - | - | - |