SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

なごみだより

どうぞ和んでいってください
<< 明けまして、おめでとうございます | main | 臨時休業のお知らせ・・・ >>
ATMのボックスからなかなか人が出て来ないのは・・・
0

    JUGEMテーマ:健康

     

     銀行で機械慣れしていない高齢者が係員と話しながら、

    入金、出金、振り込みなどを行っているシーンを見たことがあります。

     

     屋外のATMボックスからなかなか人が出て来ないので心配して

    声をかけたこともありました。「お困りではないでしょうか?」と。

     

     すると「大丈夫です、もうすぐ終わります」という80代の方の返答でした。

     

     操作に時間がかかる理由・・・

     

    老眼のため振り込み先番号をなかなか入力できない。

    そもそもATM慣れしていない。

    金額を間違えていないか非常に用心深く使用している。

    画面がよく見えていないこともあります。

    耳が悪いためコンピューターの音声がわからない。

     

     そこにもうひとつ考えられるのが・・・

    すでに認知機能が低下しているケースです。

     

     認知症の初期症状で「あれっ?」と不思議に思われる行動のひとつだったと

    ある認知症の家族さんから教わりました。

     

     手間取っている親の操作する機械の後ろには多くの人の行列が・・・「遅い!」と腹を立てる人あり、

    言われたご本人は「何で怒られないといけないんだ?」と行列の意味がわかっていない。

     

     これからATMで時間がかかっている場合、「いくらの金額をどこに送金するんだったかな?」

    と困っているケースが考えられるかもしれません。

    困ったしぐさは何となくわかりますから、早めに銀行員さんを呼んだ方がいいでしょうね。

     

    携帯電話で話しながらなら・・・振り込め詐欺の場合もありますよね。

     

     問題は・・・銀行員さんがいない屋外のATMは?

                        将来人工知能が発達して、銀行員さんがいない銀行だったら?

     

     インターホンはあるけど、実際に傍で教えてくれないと高齢者には難しいようです。

    パソコンの不具合を電話で説明しなければならないときみたいです。

     

     これから高齢者には厳しい社会が待っています。

     

     

    | - | 22:45 | - | - | - | - |